15歳カラロビンソン誘拐犯エボニッツの生い立ちと少女の現在は?ワールド犯罪ミステリー(アメリカ サウスカロライナ)4月17日

4月17日放送の『ワールド犯罪ミステリー5』では、アメリカで起こった15歳の美少女の誘拐監禁事件が取り上げられます。

一体どんな事件で犯人は誰なのか、気になったことを調べてみました。

アメリカ・サウスカロライナ州・15歳美少女誘拐事件の概要

15歳美少女誘拐事件は2002年、アメリカのサウスカロライナ州で起こりました。

2002年6月の昼間、15歳の女子高生が家の前で姿を忽然と消します。

女子高生の名前はカラ・ロビンソン。

家の前にいたところを犯人の男に声をかけられられます。

話していると突然男は銃を取り出し、踊りながら車へと誘導。

車の後部座席にあった1mほどのボックスに押し込まれ誘拐されてしまいました。

カラはそのままアパートに連れていかれ、ボックスから出されると足を縛られ手首にも手錠をかけられます。

身体を自由に動かせない状態で乱暴させられてしまいます。

恐怖とパニックでおびえながらも、なんとか脱出しなければと思うカラ。

犯人が寝た時に手錠を外す事に成功します。

そのままアパートを抜け出し、通りかかった車に向かって助けを求めました。

車に乗せてもらい、警察署へ連れて行ってもらいます。

そこでカラは自分の身に起きた事や犯人の特徴、監禁されたアパートのことについて語ります。

警官はカラの話をきくと、エボニッツという男が浮上してきました。

ただ、容疑者は普通の男で友達も多く、犯罪を犯すような人物には見えなかったといいます。

カラ・ロビンソンを誘拐監禁した犯人は?

カラ・ロビンソンを誘拐し監禁した犯人はリチャード・エボニッツでした。

カラから話をきいた警察官は急いで監禁されていたアパートへ向かいます。

しかしすでにエボリッツは逃亡した後でした。

その後も捜索は行われ、逃走の3日後、ついにフロリダ州でエボニッツがみつかります。

言葉では降伏させられなかったため、警察犬を投入すると、犬はエボニッツに噛みつきました。

噛まれて動けなくなったエボニッツは持っていた銃を取り出し、自殺してしまいます。

エボニッツの犯行の理由は?

エボニッツはなぜこのような犯行を起こしたのでしょうか。

すでに自殺してしまったため、裁判にかけられることもなく、犯行の理由については明らかになっていません。

ですが、後日エボニッツのことでわかったことがあります。

なんと、カラを誘拐して監禁する前に、2度も殺人事件を起こし、3人の命を奪っていたのでした。

1度目 ソフィア・シルバの殺人

1度目は1996年、当時16歳だったソフィア・シルバの殺人事件です。

ソフィア・シルバもカラと同じように誘拐され、最後には殺されています。

2度目 クリスティン・リスクとカティ・リスク姉妹

2度目は1997年5月1日。

クリスティン・リスクとカティ・リスクの2人の姉妹です。

彼女たちも同じように家の前で誘拐され、事件に巻き込まれてしまいました。

その5日後、ハノーバー群のサウスアンナ川で遺体が発見されています。

リチャード・エボニッツの生い立ち/経歴

一連の連続殺人の犯人リチャード・エボニッツは、1963年7月29日、アメリカのサウスカロライナ州のコロンビアで3人兄弟の長男として誕生しました。

高校卒業後はアメリカ海軍に入隊し、ソナー技術者として8年間働きます。

働きぶりは優秀だったようで、賞を授与されるほどでした。

その後、少女の前で性器を露出したため逮捕されますが、軍人だったという事で3年の執行猶予で済みました。

1988年、ボニー・ルー・ガウアーという女性を結婚します。

その後1994年に誘拐と強姦、1995年には強姦の容疑で逮捕されましたが、証拠不十分で不起訴となりました。

ボニー・ルー・ガウアーとは1996年に離婚します。

1999年、エボニッツは別の女性ホープ・マリー・クローリーと再婚。

空気圧縮器の会社で働き始めました。

そしてカラの誘拐事件を起こし、自ら命を絶っています。

カラ・ロビンソンの現在は?

カラ・ロビンソンは事件のあとどのような人生を送っているのでしょうか。

なんとサウスカロライナ刑事司法アカデミーを卒業し、現在警察官になっています。

立ち直るのには時間がかかったと思いますが、犯罪におびえることなく、警察官になったというのは素晴らしいですね。

自分の経験も活かし、市民を守る警察官として活躍していくことでしょう。

これからも頑張ってほしいです。

ワールド犯罪ミステリー5(4月17日放送)の番組内容

15歳美少女が約1mのボックスに詰め込まれ監禁された…犯人は連続殺人鬼だった…天才少女は地獄の監禁から奇跡の脱出を図る!▼戦慄のヒグマ襲撃事件…日高山脈で5人の大学生をヒグマが狙う…次々と奪われていく命…死の間際まで書き残したノートに恐るべき真実が▼生後8ヶ月の赤ちゃんを殺害…ベビーシッター少女が揺さぶって殺したのか!?衝撃の逆転裁判▼トイレに閉じ込められた美人OLが恥ずかしいけど嬉しい脱出!

ワールド犯罪ミステリー/15歳少女誘拐事件(米サウスカロライナ)の犯人エボニッツの生い立ちと被害者の現在は?まとめ

ワールド犯罪ミステリー5で取り上げられた15歳少女誘拐事件について犯人エボニッツの生い立ちや
被害者カラの現在について調べてみました。

エボニッツは同じような事件を何度も繰り返した異常者でした。

もっと早く気づいていれば被害を最小限に抑えられたのに、と思うと残念でなりません。

それでもカラの勇気ある行動で犯罪がストップしてよかったです。

今後こんなことがないように祈ります。

コメント