気になる話題

珍百景/奈良月ヶ瀬 真っ黒な梅干し烏梅の値段や通販お取り寄せ方法は?7月28日

7月28日放送の『ナニコレ珍百景』では日本でただ1軒だけといわれる、真っ黒な梅干しを作る農家が紹介されます。

梅干しといえば赤い色をしていますよね。

真っ黒な梅干しとはどんな梅干しなのでしょうか。

奈良県の月ヶ瀬で作られているという真っ黒な梅干しの正体や値段と、お取り寄せすることはできるのかどうか調べてみました。

ナニコレ珍百景に登場!奈良月ヶ瀬で作られている真っ黒な梅干しの正体は?

ナニコレ珍百景に登場したのが、奈良県月ヶ瀬で作られている真っ黒な梅干し。

本当に真っ黒で一見食べ物かどうかもわからないようないでたち。

なぜ梅干しが真っ黒になるのか不思議ですよね。

この黒い梅干しは日本でおそらくここだけだという、月ヶ瀬の農家「梅古庵」の中西喜久さんのところで作られている「烏梅(うばい)」という梅干しなんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

烏梅(うばい)です。 「天神さんをお祀りするつもりで、売れても売れなくても梅を焼け」という家訓を守り、烏梅づくりを営む最後の一軒になろうとも烏梅を焼き続けています。
梅食品のネット販売とイベント出店を開始したのに伴い、烏梅の販売を開始したところ、染織に携わる方々は、烏梅をご存じで、非常に興味を持ってくださっていることを知りました。
祖父の時代には既に、烏梅づくりを営む最後の一軒となってました。
終戦直後の食糧難時代には、「農家として食糧増産に努めるのがお国のためでは」と烏梅づくりを続けるか迷った時期もあったそう。
染色研究者 吉岡常雄氏(故人)は、祖父(故人)に こうおっしゃったそうです。 「中西君。これからの日本で真実のものを要求する時代がきっと来る。烏梅を続けてほしい。」 「わかりました。最後の一兵になります。」と言ったそうです。
#烏梅 #紅花染め #梅古庵 #伝統工芸 #国選定保存技術

梅古庵さん(@baikoan)がシェアした投稿 –

黒い梅干し・烏梅(うばい)の作り方/ナニコレ珍百景

黒い梅干し「烏梅(うばい)」は梅を燻製にしたもの。

作り方は、まず完熟して落下した梅を集め、伝統の製法で燻し焼きにし、カラカラになるまで乾燥させれば完成です。

この方法は700年ずっと変わらずに伝承されてきているんだそうです。

烏梅という名前は、カラスの黒色が由来となっているようですが、本当にカラスのように真っ黒ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

烏梅の蒸し焼き風景。 #梅古庵 #無添加 #手づくり #烏梅 #月ヶ瀬 #伝統工芸 #梅干し #梅ジャム #japanfood #pr #むしろ #燻製 #紅花染め

梅古庵さん(@baikoan)がシェアした投稿 –

紅花染用だった黒い梅干し・烏梅/ナニコレ珍百景

烏梅は中国では漢方薬として使われ、風邪や胃腸にきくとされ古くから利用されてきました。

日本に伝わったのは約1400年前。

遣隋使・遣唐使により薬用として入ってきます。

ですが日本では漢方としてだけではなく、別の使われ方をして発展しました。

それは、紅花染め用です。

梅にはクエン酸が多く含まれているので、紅花から紅色の色素を抜き出すときに使うクエン酸として長い間利用されてきました。

烏梅を媒染料とした紅の色は鮮やかで美しく、化学染料では出すことのできない色と言われています。

ところが明治以降は化学染料の普及により烏梅の需要は激減していき、戦後になると烏梅づくりを行う農家は「梅古庵」ただ1軒のみとなってしまいました。

生産農家は減りましたが、最近ではお茶としての価値も高まり、また徐々に知られるようになってきています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

烏梅は、主に 紅花染めの媒染剤として使用されていますが、 元々は1300年前に今の中国から薬として伝わったとされています。
煎じますと梅のエキスが出てきて、烏梅茶になります。
煮出し時間が長いほど、酸味が強くなります。
酸っぱい飲み物がお好きな方には、好まれるかと思いますが、
今はまだ食品として製造販売する許可が無いので食品としては販売していません。 烏梅を製造できるのは完熟梅が収穫できる時期のみ、完成まで2ヶ月弱、すべて手作業のため大量生産は出来ませんが、
いずれは伝統技法を守る数少ない染色家の方々だけでなく、烏梅のお茶の味を好んでくださる方々に お届けしたいと思います。 #梅古庵 #無添加 #手づくり #梅干し #烏梅 #梅ジャム #しそ巻甘梅 #japanfood #本物の梅干し #青山ファーマーズ #farmarsmarket #KITTE #ヒルズマルシェ #日本唯一 #国選定保存技術

梅古庵さん(@baikoan)がシェアした投稿 –

黒い梅干し・烏梅の値段は?/ナニコレ珍百景

そんな貴重な黒い梅干し・烏梅ですが、値段はいくらなのでしょうか。

梅古庵のサイトにて調べてみました。

烏梅40g…950円

烏梅80g…1836円

烏梅500g…8500円

なかなかのお値段ですが、それだけ丁寧に手間暇かけて作られている希少価値の高い梅となります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今週のおすすめ烏梅 #梅古庵 #手づくり #無添加 #梅干し #烏梅 #farmarsmarket #青山ファーマーズマーケット #今週のおすすめ

梅古庵さん(@baikoan)がシェアした投稿 –

黒い梅干し・烏梅の通販お取り寄せ方法/ナニコレ珍百景

烏梅は梅古庵のオンラインショップにて通販でお取り寄せすることが可能です。

遠方の方はネット通販でぜひ取り寄せてみてはいかがでしょうか。

梅古庵のオンラインショップでは烏梅以外の梅干しや梅ジャムなども販売されているので、梅好きな方は見逃せませんよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

梅干し三種味比べセットの紹介です。 烏梅職人がつくった、無添加手作り 3品種の梅干し、味比べセットです。 「南高梅」以外で、品種を記載している梅干しを見かけたことがありますか?
南高梅は、最も有名な品種ですが、梅干しに適し、南高梅に負けず劣らずの品種は、
他にもあります。
当店では、白加賀、紅映についても、自信をもっておすすめしております。
品種により特徴が異なりますので、是非、この機会に異なる品種の梅干しを
味比べし、お好みの品種を見つけていただけたら幸いです。 #烏梅製造元 #烏梅職人 #烏梅 #梅古庵 #月ヶ瀬 #梅干し #味比べ #無添加 #手作り #japanfood #南高梅 #白加賀 #紅映 #PR

梅古庵さん(@baikoan)がシェアした投稿 –

奈良県月ヶ瀬・梅古庵の店舗の場所は?/ナニコレ珍百景

奈良県月ヶ瀬で烏梅などの梅製品を製造販売している農家「梅古庵」の場所はこちら。

住所:〒630-2302 奈良県奈良市月ヶ瀬尾山

毎年2~3月(月ヶ瀬梅峡梅まつりの頃)無休で営業されています。

烏梅や手作りの梅食品などを購入することができます。

梅まつりの頃に月ヶ瀬に行く方はぜひ立ち寄ってみてください。

ナニコレ珍百景(7月28日/奈良県月ヶ瀬の真っ黒な梅干し烏梅)の番組内容

★秋田・男鹿半島のヒーロー…「壊れた家電はまかせろ」修理が得意なエビ漁師▼宮崎…喫茶店内に本物の列車▼愛知・高浜…水曜土曜に大行列ができる八百屋さん▼奈良・月ヶ瀬…梅の名所に700年伝わる黒い梅!?驚きの製法▼徳島・北島町…102歳と101歳の幸せ超長寿夫婦▼宮崎・都城…謎の炊飯器が外に置かれた理容店▼山形…メインはブロッコリー!?緑色の超健康弁当▼福岡・飯塚…道に不気味すぎるマネキン▼東京…中身不明の弁当店

ナニコレ珍百景/奈良月ヶ瀬の黒い梅干し烏梅の値段や通販お取り寄せ方法は?

ナニコレ珍百景で紹介された奈良県月ヶ瀬の黒い梅干しの正体は梅を燻製にした烏梅でした。

ただ1軒、伝統的な製法を守り通続けている梅古庵さん、一度訪れてみたくなりました。