気になる話題

上州屋設楽彦吉商店の麦茶の通販お取り寄せ方法は?和風総本家で紹介!口コミも調査8月1日

8月1日放送の『二代目和風総本家』では「2019職人列島24時 伝統を守る真夏の戦い」の2時間スペシャルが放送されます。

猛暑の中でも変わらず働く職人さんの姿をたっぷりお届けします。

この記事では夏の飲み物といえばこれ!というほど日本の家庭に根付いている麦茶の職人に注目したいと思います。

手炒りで丁寧に作られた上州屋設楽彦吉商店の麦茶は通販でお取り寄せできるか調べてみました。

和風総本家/手作業で作る純手炒り麦茶

今回の「二代目和風総本家」で取り上げられる真夏の職人の1人は、手作業で麦茶を作る職人。

山梨県で伝統的な製法で麦茶を作り続けている「上州屋設楽彦吉商店」です。

上州屋設楽彦吉商店の純手炒り麦茶は、直径三尺の平釜と呼ばれるフライパンを大きくしたような
釜で作られます。

この平釜に大麦を入れたら竹の箒でかき混ぜ、手作業で炒りあげます。

炒っている最中は釜の中を見ることができないので、仕上がりのタイミングは箒を持つ手の感触で判断。

麦が燃えてしまう寸前まで深く炒ることで、独特の味・香り・色が出せるんだそうですよ。

まるでアイスコーヒーのような濃さなのに苦味はなくまろやかで飲みやすい。

熟練された職人でなければできない仕事ですね。

上州屋設楽彦吉商店の麦茶の通販お取り寄せ方法

上州屋設楽彦吉商店の麦茶を飲んでみたい!という方、ネット通販でお取り寄せすることができます。

5月から9月までに作られる期間限定の商品なので気になる方はお早目にどうぞ。

 

丁寧に作られた手炒り麦茶の味をぜひ堪能してください。

上州屋設楽彦吉商店の純手炒り麦茶のおいしい作り方

上州屋設楽彦吉商店の純手炒り麦茶をおいしい飲むための作り方をご紹介します。

1 やかんに水を1.8リットル入れて、火にかけます。

2 沸騰したら純手炒り麦茶を約30g入れます。

3 吹きこぼれない程度の弱火にしたら約5分間煮立てます。
※やかんのフタは外します。

4 5分たったら火からおろし、このまま30分ほど置いて冷まします。
※急いでいる場合はやかんごと冷水に入れてもOK。

5 冷ましたら茶葉を取り出し、ビンに移して冷蔵庫で冷やしせば麦茶のできあがり。

上州屋設楽彦吉商店の場所

住所:山梨県上野原市野田尻1072
電話番号:0554-66-2485

上州屋設楽彦吉商店の純手炒り麦茶の口コミ・評判

実際に上州屋設楽彦吉商店の純手炒り麦茶を飲んだ人の口コミを集めました。

二代目和風総本家(伝統を守る真夏の戦い・手炒り麦茶)の番組内容

石川県では「あばれ祭」の巨大な灯籠“キリコ”を前日から組み立て、深夜から早朝にかけて解体する職人さんがいます。泥で染める最高級織物・大島紬。“泥染”は満遍なく泥に浸すため、猛暑の中でも職人さんたちは休まず手を動かし続けます。他にも夏においしい麦茶をすべて手作業で作る職人さんや、両親の思いを受け継いでそうめんを作る若手職人さんたちに密着!

和風総本家/上州屋設楽彦吉商店の麦茶の通販お取り寄せ方法は?まとめ

和風総本家で紹介された上州屋設楽彦吉商店の麦茶、おいしそうですね!

夏には必ず常備しているので、今度は上州屋設楽彦吉商店の麦茶を買って作ってみようかなと思います。