鳥取茸王(たけおう)の通販お取り寄せは?青空レストランで紹介の巨大しいたけ/値段やオススメレシピも紹介!2月2日

2月2日放送の『満天☆青空レストラン』で超巨大なしいたけ「鳥取茸王(とっとりたけおう)が紹介されます。
「鳥取茸王」とはどんなしいたけなんでしょうか?超巨大ってどれくれい大きいのか気になりますね。通販お取り寄せ方法やオススメレシピについてまとめてみました。

スポンサーリンク

青空レストランに登場!鳥取茸王(とっとりたけおう)とは?

鳥取茸王(とっとりたけおう)はしいたけの一種ですが、どんなしいたけなのでしょうか?
鳥取県にはきのこの研究を行っている「一般財団法人日本きのこセンター」があり、様々なきのこを
開発していりますが、その中に「とっとり115」というきのこがあります。
これは菌興椎茸協同組合が種菌を販売している「菌興115号」を使い原木栽培されたしいたけですが、この中で傘径・厚さなどの規格を満たしている生しいたけをブランド化し、「鳥取茸王」として売り出しているのです。

 

View this post on Instagram

 

鳥取茸王食べてみた。 美味しい!!!! #しいたけ #鳥取茸王

Y oroさん(@yuka218_gb)がシェアした投稿 –


香りも高く、アワビのような食感と言われる鳥取茸王。
「山アワビ」とも呼ばれているんだそうです。

スポンサーリンク

鳥取茸王(たけおう)の大きさは?

超巨大な事が特徴の鳥取茸王(たけおう)の大きさは2区分あります。

鳥取茸王 金ラベル→傘径:8cm以上、厚さ:3cm以上
鳥取茸王 銀ラベル→傘径:8cm以上、厚さ:2.5cm以上

これより小さいしいたけは鳥取茸王と名乗れず、「とっとり115」となります。

スポンサーリンク

鳥取茸王(たけおう)の値段

大きさや品質が高い鳥取茸王(たけおう)の値段はさぞ高いんだろうと思いませんか?

ネットで価格を調べてみたところ、6~8本入りで6980円でした!

思った通り、しいたけとしてはかなりお高いですね。
ですが「山アワビ」という位なので、このお値段でも納得のいく味なんじゃないかと想像します。

スポンサーリンク

鳥取茸王(たけおう)の通販お取り寄せ方法は?

鳥取茸王(たけおう)はお店でも売られていると思いますがなかなか手に入らないようなので
手軽に申し込める通販方法をお知らせします。

 

気になる方はお取り寄せしてみてください!

スポンサーリンク

しいたけ・鳥取茸王(たけおう)のオススメレシピ

鳥取茸王(たけおう)はしいたけなので、一般のしいたけ料理と同じようにおいしくいただけますが
番組では炭火焼きにしたり肉詰めステーキにしたり、天ぷらなどにして食べていましたね。
炭火焼きが一番食感や香りを楽しめてオススメです!
おいしい炭火焼きの仕方をご紹介します。

<材料>
しいたけ

<作り方>
1、しいたけに汚れがある場合はキッチンペーパー等でぬぐいます。水洗いはしません。
2、軸の先の石づきを少しだけ切ります。
3、炭火を起こして網を準備します。
4、しいたけの傘を下にして網に置きます。火から10cmほど離すのがベスト。
5、傘部分に水分が出てきたらできあがりです。裏返さないようにしましょう。
6、塩や醤油をかけていただきます♪

鳥取茸王を炭火焼きにしたらさぞおいしいのでしょうね!
手に入ったら試してみたいと思います!

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント