宝くじ評論家長利正弘(おさりまさひろ)による当てるコツ!プロフィールや経歴も調査 土曜プレミアムギリギリ昔話12月29日

12月29日の土曜プレミアム「ギリギリ昔話」では、宝くじに当選した4名が取り上げられました。
当てた後の私生活も興味深いですが、実際に当てるコツが知りたいですよね!
専門家として登場する宝くじ評論家の「長利正弘」さんによる宝くじに当てるコツを調べてみました。長利正弘さんの今までの当選歴やプロフィールもチェックです。

スポンサーリンク

宝くじ評論家長利正弘(おさりまさひろ)さんのプロフィール

名前:長利正弘(おさりまさひろ)
出身地:静岡県静岡市
生年月日:1965年11月10日
血液型:A型
身長:177cm
職業: 宝くじ評論家(ロッタリーアドバイザー)

長利正弘さんの宝くじ歴と経歴

小学校5年生の時に父親の買った宝くじを見たのが宝くじとの出会いでこの時から興味を持つ。
中学生になり毎月2、3回宝くじを購入。
初当選は中学一年の時の地方くじで100円の当選。
高校になり初めて1万円当選する。
高校3年の時には地元のラジオ局に出演し宝くじについて語る。
32歳になりローカル局で「年末ジャンボ宝くじ攻略コーナー」に出演。
その時から「宝くじ評論家&アドバイザー」として活動し始める。
宝くじなので絶対に当たるといえる予想はないので、予想屋ではなく、「こういう買い方をすれば普通に買うよりも効果的です」
をいったアドバイスを行っている。

宝くじを当てるコツは?

長利さんらが以前まとめた分析結果によると、
家族や知人友人とグループで購入すると当選確率があがるため当たりやすくなる「グループ買い」
何かのついでに買うと無欲なので逆に当たりやすい「ついで買い」
記念日や妊娠中に購入すると当たりやすい「記念日買い」
ぞろ目を見たりといった小さな喜びの後だと当たりやすい「小さな幸福買い」
などが紹介されていました。
実際はどうなのでしょうか。参考にしてみたいと思います。

番組では実際に長利さんがアドバイスをしながら宝くじを購入し結果を発表するようですね。
どのような結果になるのか放送が楽しみです!

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント