しいたけのビタミンDを10倍にする方法が簡単!日光に当てるだけ!栄養素もチェック ヒルナンデス12月17日

ヒルナンデスで紹介された「しいたけのビタミンDを10倍にする方法」を解説します。

スポンサーリンク

しいたけのビタミンDを10倍にする方法は?

しいたけのビタミンDを10倍にする方法は日光に2時間ほど当てるだけ。
簡単な事ですが、太陽の紫外線によってビタミンDが10倍まで増えます。
これはしいたけに含まれるエルゴステロールという物質が紫外線に当たって
ビタミンDに変化したため。
天気のいい日にカサの裏側を上にして並べ、風通しのいい場所へ置いておきましょう。
時間は1~2時間でよいでしょう。表面が乾けば大丈夫です。
この増えたビタミンDはしばらくすると元に戻ってしまうので、食べる直前が
一番効果的です。

他にもしいたけをおいしくするコツとして、
・冷凍する事でうまみ成分が出る
・煮る時は水から入れると酵素の働きが大きくなる

スポンサーリンク

しいたけの栄養素

しいたけに含まれる主な栄養素は食物繊維、カリウム、ビタミンD、葉酸です。
ビタミンDはカルシウムの吸収を促したり、脳神経の発達を促す効果があるといわれているので、子供に食べさせてあげたい食材のひとつです。
カリウムはむくみの解消に効果を発揮し、食物繊維は腸内環境に影響を与え便秘を解消させる効果も期待できる上、低カロリーなのでダイエット中にももってこいですね。

スポンサーリンク

生しいたけと干ししいたけの栄養の違い

生しいたけも干ししいたけも含まれる栄養素は変わりませんが、その量が変わります。
乾燥させると保存性が高くなり、栄養素も多くなるのです。
干ししいたけは干ししいたけでも、熱風で干したものより天日干しのほうが栄養素は大功成ります。
熱風のものしか手に入らなくても、上で説明したようにご家庭で天日干しにすれば大丈夫です。

簡単な一工夫をするだけで栄養が多く摂れるようになるなんてすばらしいですね。
ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント