ポピーKids Englishの口コミ/実際に体験してメリットデメリットを調査!

家庭学習教材の老舗である月刊ポピーが2019年4月から子供向けの英語教材「ポピーKids English」をスタートさせました。

幼児向けの英語教材というと有名キャラクターを使用したものや同じく通信講座で学ぶものなど
いくつか販売されています。

ポピーKids Englishは他と比べてどんな特徴があるのでしょうか。

実際に体験してメリット・デメリットを調べてみました。

公式サイトはこちら
▼▼▼


ポピーKids Englishの特徴は?

ポピーKids Englishは幼児(年中)~小学校3年生までが学べる子供向け英語教材です。

毎月1度、ポピペンBookとおはなしBook、シールやゲームの紙などが郵送されてきます。

特徴的なのが、「ポピペン」という名前の音声ペン。

ポピペンBookで文字や絵の描かれている場所をタッチすると、単語や文章の音声が流れます。

子供たちはポピペンでタッチし、遊び感覚で英語を学んでいくことができるんです。

なんとポピペンには小学校3,4年までに習う単語や表現(約1400語)がすべて収録されているんだそう。

小学校に入る前から正しい発音で学べるので、学校での英語の授業も自信をもってスタートできるんじゃないでしょうか。

ポピーKids Englishの3つのレベル

ポピーKids Englishは年齢や成長に合わせて3つのレベルに分かれています。

レベル1:年中~小1

レベル2:年長~小2

レベル3:小1~小3

※レベル2は小3、レベル3は小4で習う単語表現を扱っています。

※英語学習のスタートには、入門編のレベル1からが最適です。

ポピーKids Englishを使ってみた体験レビュー

実際にポピーKids Englishの教材を体験して、中身をレビューしたいと思います。

ポピペンBook

ポピペンBookはA4サイズオールカラーで全28ページの教材です。

ポピペン(音声ペン)で絵や文字をタッチすると音声が流れるので、自分がタッチした文字や絵と英語の音を結び付けて学習することができます。

ストーリーページ

キャラクターたちの日常生活を描きながら、実生活で使える単語や表現に触れていきます。

レベル1の9月号のテーマはカレー作り

英語も学びながらカレーの作り方まで覚えられてしまうなんて一石二鳥ですね!

食材の名前や数の数え方など、実用的なものばかり。

料理の表現もしっかり学べて、大人でも役立つような内容です。

ポピーKids Englishとポピペンで学んだあとは、実際に台所に立って、親子でカレーを作りながら復習もできますね。

レベル2の9月号は動物園への遠足がテーマでした。

実際に家族で動物園にポピペンBookをもっていって、目の前の動物を見ながら英語学習するといいですね。

ドリルページ

ドリルページでは迷路や間違い探しをしながら、ストーリーページで学んだ主要単語や表現をおさらいします。

繰り返すことで記憶の定着を図ることができます。

かきこみノート

かきこみノートではポピペンBookの内容をおさらいすることができます。

ここでもさらに繰り返すことでより記憶に定着させることができますね。

おはなしBook

おはなしBookはCD付きの絵本です。

子供が理解しやすい有名な話を扱っているので、取り掛かりやすいですね。

CDでは英語だけではなく日本語も聞けるようになっているので、日本語の普通の絵本としても
読むことができます。

読み聞かせにもぴったり!

レベル1の9月号は「きつねとつる」のお話でした。

そのほか、月によってシールやカードゲーム、ポスターなどが付録として一緒に届きます。

遊びながら英語に触れられるということが、小さな子供には一番大切なことですね。

ポピーKids Englishを体験した感想・口コミ

とてもしっかりした内容だと思います。

1ページにたくさんの単語や表現がありますが、トーリーの中で自然と身に付けていける流れ
なっているのがいいですね。

レベル1の年中~向けの教材とは思えないような本格的な内容で、毎月続ければ小学校で英語が始まった時にも余裕を持つことができると思いました。

ポピーKids Englishの会費は1680円なんですが、正直とてもコスパがいいですね。

ポピペンも操作が簡単で使いやすいです。

明瞭で正しい英語の発音が流れます。

音の調節もできるし、録音して自分の声を聞くこともできるんですよ!

自分が子供の頃はこんな便利なものなかったので、ポピペンには驚きました。

タッチすると流れるというのも子供には面白く、楽しみながら英語を学べると感じます。



ポピーKids Englishのメリット

ポピーKids Englishを使ってみて感じたメリットをまとめます。

  • ポピペンをタッチするだけなので操作が簡単
  • 親子で楽しみながら学習できる
  • 親が英語が苦手でもポピペンがあるので正しい発音が学べる
  • 余計なおもちゃがついていないのでシンプル
  • 会費が安い
  • レベル3(小1~小3)までで小4までの単語や表現を先取りできる

ポピペンを使ってどんな感じで学習するかは、公式サイトで体験することができるので、少しでも体感していただければ、と思います。

ポピーKids Englishのデメリット

反対にデメリットに感じることは、

  • インプットだけでアウトプットが少ない

ポピペンBookで学習するだけではどうしてもインプットのみになってしまいます。
親子で会話をしながらアウトプットするとより効果的ではないでしょうか。

  • 小4までしかない

現在のところポピーKids Englishはレベル3(小3まで)となっています。
「小学ポピー」や「中学ポピー」では学校の教科書に合わせて英語学習できますが、ポピペン(音声ペン)を使った学習はないんですよね。

とてもいい教材なので、もう少し上のレベルまであったらいいな、と感じました。

ポピーKids Englishの会費・価格

ポピーKids Englishの月会費はレベル1~3共通で1680円(税込)です。

初回のみ月会費とは別にポピペンの代金3300円(税込)が必要となります。

ポピーKids Englishの口コミまとめ

ポピーKids Englishはポピペンという音声ペンを使いながら、常生活の中で使う単語や表現を1400語(小4までを網羅)した年中~小3向けの英語教材です。

保護者が英語が苦手でもポピペンがあれば正しい発音がわかるのでいいですね。

CDやDVDにもメリットはありますが、音声ペンだとささっと使えるし外出先で使うことも簡単です。

英語学習に取り組むハードルが低くなるように感じました。

ポピーKids Englishはこんな方にオススメです。

英語が苦手でどう教えたらいいかわからない方
安くてコスパのいい英語教材を探している方
子供に楽しく英語を学んでほしい方
英語の勉強で苦労してほしくない方

ポピーKids Englishは無料で資料を取り寄せることができるので、まずはチェックしてみるのがよいと思います。

無料の資料請求はこちら
▼▼▼



ポピーKids English公式サイト

【関連記事】2歳の娘が「幼児ポピーももちゃん」を体験した記事もどうぞ!

幼児ポピーももちゃんの口コミ/2歳娘の体験談と教材レビュー
幼児向けの学習教材ってたくさん出ていて、どれがいいのか迷ってしまいますよね。 私が幼児教材を選ぶ時に考えた条件はこちら。 子供が興味を持って楽しめること 親子でコミュニケーションを取りながら取り組めること 詰込み...

コメント