カレーパンのパンメゾンの場所や口コミは?愛媛から東京にも進出!ニッポン行きたい人応援団5月20日

5月20日放送の『ニッポン行きたい人応援団』にカレーパンを愛するスペイン人女性が登場します。

独学でカレーパンを作っているもののうまくいかず苦戦しているようです。

今回のの『ニッポン行きたい人応援団』では愛媛県にある大人気のパン屋でカレーパンの修行を行います。

このパン屋は愛媛県にあるのですが、最近東京にも進出してきたようです。

愛媛のお店と東京の店舗について調べてみました。

スポンサーリンク

ニッポン行きたい人応援団でスペイン人女性が行った愛媛のパン屋は?

ニッポン行きたい人応援団でスペイン人女性がカレーパン作りを教わりに行ったのが愛媛県にあるパン屋。

そのパン屋とは、地元で大人気の「パンメゾン」というお店です。

スポンサーリンク

パンメゾンは塩パン発祥のパン屋

パンメゾンは愛媛県の八幡浜にあるパン屋ですが、塩パンの発祥の店だと言われています。

塩パンはバターの風味と塩加減が絶妙なバランスでマッチしたパンで、外はカリっと、中はもっちりした食感も子供からお年寄りまでおいしく食べられるのが特徴。

現在ブームとなっている塩パン発祥の地である「パンメゾン」ですが、今回は
カレーパンを教えてくれるようですね。

カレーパンも人気で、牛肉がごろごろ入っているんだそうです。

おいしそうですね!

スポンサーリンク

パンメゾンのオーナーは平田巳登志(ひらたみとし)さん

パンメゾンでパンを作るお店のオーナーは平田巳登志(ひらたみとし)さんです。

現在60代前半ですが、41歳の時からパン屋を始めました。

パン屋を始めた当初は全く売れず、1年に100種類の新作を作ることをノルマにしてパン作りに向き合ってきた結果、2004年に塩パンを思いつき、今では全国に広がるほどの大ヒット商品となっています。

スポンサーリンク

【愛媛】パンメゾン八幡浜店の場所

スペイン人女性がカレーパン作りを教わったパンメゾン八幡浜店の場所はこちら。

住所:〒796-0048 愛媛県八幡浜市北浜1丁目8−15
電話番号:0894-27-0348

営業時間:6時30分~19時
定休日:火曜日

スポンサーリンク

【東京】塩パン屋パンメゾン

東京にもパンメゾンがオープンしました。

平田巳登志さんの息子さんが開いたようです。

こちらのお店は塩パンと塩メロンパンの2種類がメインのようですが、東京近郊の方はぜひ行ってみてください。

住所:〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋2丁目4−1 サンクエトワール1階
電話番号:03-6240-4777

営業時間:7時30分から19時
定休日:火曜日

スポンサーリンク

パンメゾンのカレーパンの口コミ・評判

パンメゾンのカレーパンについて、口コミ情報を調べてみました。

スポンサーリンク

ニッポン行きたい人応援団(5月20日放送)番組内容

カレーパンをこよなく愛するスペイン人女性。日本独自の惣菜パンの中でも、昭和初期発祥のカレーパンは、その元祖だ。「ヨーロッパではパンはおかずに添えてあるが、おかずとパンが一体となったカレーパンは最高のパン!」と語る。独学で作っているが、中から具が飛び出したり、綺麗な楕円形にならず苦戦中だ。そんな彼女をご招待!愛媛県の人気店で絶品カレーパン作りを学ばせてもらう。さらに新作惣菜パンを販売!

スポンサーリンク

カレーパンのパンメゾンの場所や口コミは?愛媛から東京にも進出!ニッポン行きたい人応援団まとめ

ニッポン行きたい人応援団でスペイン女性がカレーパンを学んだパン屋、愛媛のパンメゾンについて調べてみました。

今人気の塩パンの発祥のお店だったんですね。

カレーパンもおいしそうだし塩パンも気になります。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント