宗河美幸(むねかわみゆき)思い出料理人が味を再現?再現方法や料金を調査 激レアさん12月17日

12月17日の「激レアさんを連れてきた」で紹介された宗河美幸(むねかわみゆき)さん。
思い出の味を再現してくれる思い出料理人としてお仕事されています。
料理の再現方法や料金について調べてみました。

スポンサーリンク

宗河美幸(むねかわみゆき)さんのプロフィール

名前:宗河美幸(むねかわみゆき)
出身地:大阪府
出身校:大阪府立公衆衛生専門学校臨床検査科

出身校からもわかるように、もともとはの病院の臨床検査室に勤められていました。
その後ご主人と一緒に店を始めようと調理機免許やソムリエ資格を取得。
イタリアンレストランやワインバーで仕事をしたのちに独立し大阪でオーナーシェフソムリエとして
働きます。現在は思い出料理人としての仕事の他、出張料理教室をされています。

思い出の味の再現方法

もう食べることができなくなってしまったけど、どうしてももう一度食べたい「思い出の味」を
再現することができるという宗河美幸さん。

思い出の料理を作るまでどんな過程をたどるのか調べてみました。

①ヒアリング
依頼者の頭の中にしかない思い出の味についての詳細や必要な情報を面談か電話でヒアリング
②試作
何度も繰り返し試作。
写真や動画を送り感想や思い出した事を聞きながら、依頼者のイメージに近づけていきます。
5~10回ほどの試作をすることが多いそうです。
③訪問し試食
依頼者の自宅や希望の場所に行き試作したものを試食して頂きます。
実際に食べてもらいながら思い出の味に近づけていきます。
④納品
思い出の味にぴったりのものができあがったら完成です。
後日レシピも送ってもらえるので、今度は自分や誰かが再現する事ができるようになります。

思い出の味を記憶そのままに再現するにはこんな工夫があります。

・材料にこだわる

思い出の料理に使われていた材料を、できる限り当時と同じものを用意するようにしています。
どこで採れたものなのか?どこのメーカーなのか?と細かいところにもこだわっています。

・同じ調理器具を使う

台所の様子、使った鍋や包丁などもできる限り当時のものを使うか、似せたものを使用します。

・思い出の料理を作った人の「人となり」まで聞きとる

その料理を作った人の「人となり」まで聞きとることで、材料の切り方や器具の使い方などを想像し
風味の違いまで微調整します。

料金は?

かかる料金は、交通費・材料費・出張費・技術料から構成されます。
交通費:再現当日の大阪市内から出張先までの往復の実費。
材料費:試作も含めてかかった分が必要です。
出張費:近畿圏内は20000円、その他の地域は30000円。
技術料:「これが思い出の味だ!」と、確かに再現できたと思われる時のみの成功報酬。
だいたい30000円~ということですが個別で相談してほしいとのこと。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント