つぶれない店/との115/のとてまりの値段や通販方法は?山のアワビと言われる原木椎茸がすごい!4月28日

4月28日放送の『坂上&指原のつぶれない店』では能登半島の道の駅で売られている特大しいたけが紹介されます。

特大しいたけとはどんなしいたけなのでしょうか。

しいたけの値段や通販方法、大きくするための秘密について調べてみました。

スポンサーリンク

つぶれない店に登場!能登半島の特大しいたけとは?

つぶれない店で取り上げられたのが能登半島の先端にある道の駅で一番人気となっている特大しいたけ。

その特大しいたけの名前は「のと115」と言うんです。

その大きさは他のしいたけとは比べ物にならないくらい。

肉厚でとてもおいしそうなしいたけです。

 

View this post on Instagram

 

巨大な高級しいたけ #のとてまり ホイル焼きにていただきました #トリイチ

吉田英明さん(@c3po1531)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

本日のBBQのメインは高級しいたけ#のとてまり 肉厚で濃厚! 美味しゅうございました。 #しいたけ #bbq

ちからさん(@ricky4429)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

山のあわび・のとてまりとは

のとてまりは石川県の能登で栽培されている特大しいたけ。

栽培が難しく収穫量も少ないそうで、山のあわびとも呼ばれています。

能登で栽培されている原木椎茸「のと115」という品種の中でも、特に優れたしいたけだけが「のとてまり」と名乗る事ができます。

「のとてまり」と認定されるにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

1、かさの直径が8cm以上であること
2、かさの厚みが3cm以上であること
3、かさの巻き込みが1cm以上であること

この3つの条件を兼ね備え、形がそろっているものが「のとてまり」として販売されます。

さらに、のとてまりより上の最上級のしいたけには「のとてまりプレミアム」と名付けることができるようになりました。

スポンサーリンク

のと115の栽培期間

のと115は1年中栽培されている訳ではなく、だいたい12月~3月末までとなっています。

そして栽培されているのが奥能登の珠洲市・輪島市・穴水町・能登町の2市2町のみ。

すでに今年のシーズンが終わってしまったので、手に入れるには次のシーズンを待つしかありません。

スポンサーリンク

のとてまりの値段は?

のとてまりの値段が気になりますよね。

一般的なのとてまりの販売価格は1箱5個入り(500グラム)で23000円が目安となっています。

その年や大きさによって価格に差がありますが、とても高価なことには違いありません。

場合によっては松茸よりも高級かもしれませんね。

スポンサーリンク

のと115/のとてまりの通販方法は?

のとてまりは先に述べたように栽培期間が終わってしまったため、現在では手に入れるのが難しい状況です。

次のシーズンが始まれば通販で購入することができると思います。

現在であれば、のとてまりではありませんが、同じ「のと115」の原木椎茸を購入することができます。

価格ものとてまりに比べればグンとお安くなっているので、試しに買ってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

つぶれない店(4月28日放送)で紹介されたアンテナスイカ

同日のつぶれない店で紹介されたアンテナスイカについてはこちらの記事をどうぞ。

つぶれない店/アンテナスイカ(江本農園)の通販方法や道の駅の場所は?皮まで甘い理由とは?4月28日
4月28日放送の『坂上&指原のつぶれない店』では高知県の皮まで甘いスイカが紹介されます。 この激甘スイカとはどんなスイカで、どこで購入できるのか販売店や通販方法を調べてみました。 なぜ甘くなるのかの理由についても調査してみます。...
スポンサーリンク

つぶれない店/のとてまりの値段や通販方法は?山のアワビと言われる原木椎茸がすごい!まとめ

つぶれない店で紹介された原木椎茸ののとてまり、おいそうですね。

肉厚でジューシーで山のあわびと言われるほど高級だというのもよくわかります。

貴重で高価なのでなかなか手に入りませんが次のシーズンになったらチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント