【世界ふしぎ発見】新ノアの箱舟計画とは?スヴァールバル世界種子貯蔵庫の場所はどこ?1月19日

1月19日の『世界ふしぎ発見!』は1500回25分拡大SPとして【未来へつなぐ新ノアの箱舟計画】が
取り上げられます。
未来へつなぐ新ノアの箱舟計画とはどんな計画なのかや、どこにあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

新ノアの箱舟計画とは?

新ノアの箱舟計画の前に、旧約聖書に記された「ノアの箱舟伝説」はご存知ですか?
人間界に悪がはびこるようになってしまい、それを悔やんだ神が地上にいるすべての生物を滅ぼそうと大洪水を起こしました。
ただしその中で正しい人であったノアとその家族だけは助けようと、箱舟を作るよう助言します。
ノアは自分の家族と、その場に集まってきた動物を乗せて大洪水がおさまるのを待ち、地上に帰りました。今生きている人間や動物はこの時生き残ったものの祖先だというのがノアの箱舟の内容です。

このように、地球の災害から生物を生き残らせるための計画が「新ノアの箱舟計画」です。
具体的には、ベント・スコウマンが提唱し、ビル・ゲイツ主導のもと進められている計画で、
地球上の農作物の種子を冷凍保存する施設「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」の事を指します。
2008年2月26日に設立されました。

 

View this post on Instagram

 

This is an Arctic ‘doomsday’ seed vault. It is the world’s largest repository built to safeguard against wars or natural disasters wiping out global food crops, and it just received some 50,000 new samples from seed collections around the world. The Svalbard Global Seed Vault, a gene bank built underground on the isolated island in a permafrost zone some 1,000 kilometers (620 miles) from the North Pole, was opened in 2008 as a master backup to the world’s other seed banks, in case their deposits are lost. It’s existed for nearly 10 years. The 50,000 samples deposited Wednesday were from seed collections in Benin, India, Pakistan, Lebanon, Morocco, Netherlands, the U.S., Mexico, Bosnia and Herzegovina, Belarus and Britain. It brought the total deposits in the snow-covered vault — with a capacity of 4.5 million — to 940,000.

CNBCさん(@cnbc)がシェアした投稿 –

ここにはこれから起こるであろう壊滅的な自然災害や気候変動、病気、核戦争などに備えて
地球上に存在するありとあらゆる種子を保存しています。
マイナス18~20度に保たれた地下貯蔵庫には300万種の種子を保存する事ができるそうです。
万が一冷却設備が故障しても永久凍土層によってマイナス4度を保てる環境とぬかりありません。

ノルウェー政府は「種子の箱舟計画」として提唱し、100ヵ国以上の国々が支援しました。
現在は独立国際機関グローバル作物多様性トラストによって運営されています。

スポンサーリンク

スヴァールバル世界種子貯蔵庫の場所はどこ?

新ノアの箱舟とされるスヴァールバル世界種子貯蔵庫の場所はどこなのでしょうか?

ノルウェー領であるスヴァールバル諸島のスピッツベルゲン島にあります。
諸島唯一の有人島。大自然が美しい島ですね。

番組ではこのスヴァールバル世界種子貯蔵庫に潜入するとの事。
どんな施設なのか興味津々です!

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント