ファミマが無印良品の販売終了なぜ?理由やネットの声は?

ファミリーマートが1月28日付けで無印良品の販売を終了すると報じられました。
近所のファミマで愛用している無印良品のノートが買えて重宝していたのでとても残念です。
なぜ取り扱いが終了してしまったのかの理由や、ネットではどんな声があがっているのか調べてみました。

スポンサーリンク

ファミリーマートと無印良品の歴史

ファミリーマートが店舗で無印良品の商品を扱い始めたのは1980年代の初めころでした。
すでに40年近くにわたって無印良品を売り続けてきたわけです。
かなりの長い歴史がありますね。
取り扱っていた商品は文具や生活雑貨、食品など。
1月28日から発注を止めているので、今現在店舗にある商品がなくなり次第、
無印良品の販売が完全に終了となります。

そもそもなぜファミマが無印良品を扱っているかというと、ふたつとも
西友(ユニー)系列だったからなんです。
ファミマは西友ストアーの小型店事業としてスタートし、無印良品は
西友のプライベートブランドとして誕生しています。

ファミマが無印良品の販売を終了する理由は?

ファミマが無印良品の販売を終了した理由は、売上の減少だと言われています。
現在無印良品は全国に400店舗以上あり気軽に行く事ができますし
昨今はネットでの通販が当たり前になっています。
そういった事が売り上げの減少につながっているのでしょうか。
そうはいっても身近に店舗がない地域や、急に文具が欲しくなった時
普段から使っている無印良品が手軽に購入できる事は大きなメリットでした。

ファミマの無印良品販売終了に対するネットの声

個人的にとても残念に思っていますが、世間の人はどう思っているのでしょうか。
ネットの声を集めてみました。

近くに無印の店舗がない人にとってはとても困るだろうし、ちょっと面倒だけどそこまで日々購入する訳ではない人はまあしょうがないか、という感じですかね。
私もまあちょっと不便だけどお店やネットでいいか、という気持ちに変わりました。
ただちょっとさみしいですね~。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント