セブでカフェを経営する上田幹(モトキ)とは?MOTOKEYS(モトキーズ)の場所はどこ?世界の年収400マン2月28日

2月28日に放送の『世界の年収400マン』ではフィリピンのセブ島に移住し日本人男性が登場します。
男性の名前やセブに移住したきっかけ、経営するカフェについて調べてみました。

スポンサーリンク

セブに移住したのは「上田幹(ウエダモトキ)」さん

フィリピン・セブ島に移住してカフェを経営している日本人は「上田み幹」さんという男性です。

上田幹さんはウェブディレクターとして働くかたわら、水平線の絵を描くというアーティストとしての一面も持つ男性。「水平線の魔術師」とも呼ばれているそうです。
ほかにもDJとして活動されていたり、いろんな面をお持ちですね。

スポンサーリンク

上田幹さんがフィリピン・セブ島に移住した理由は?

上田幹さんがセブ島に移住した理由は何なのでしょうか。

実は以前にセブ島に語学留学に来たことがあるという上田さん。
英語を学び語学力をいかして仕事をしたり外国人の友達を作ったりと想像していたそうですが、実際は何も変わらなかったそうです。
たった数か月、なんとなく外国へ行ってなんとなく英語を学んだだけでは人生が変わるわけないと悟ったモトキさんは、今度こそ人生を変えようとセブに移住する事に決めました。
逃げ帰る事ができないように全て捨てての移住です。

スポンサーリンク

上田幹さんの現在

上田幹さんは現在、WEB制作会社でWebデザイナーの仕事をしながら、カフェ「MOTOKEYS(モトキーズ)」とアトリエを開設して暮らしています。
それぞれの場所を見てみましょう。

スポンサーリンク

カフェ「MOTOKEYS(モトキーズ)」の場所

セブシティの中でも下町的な場所にあるというカフェ「MOTOKEYS」。
こだわりにあふれたおしゃれなカフェです。


68 Don Gil Garcia St, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン

スポンサーリンク

MOTOKEYS(モトキーズ)のメニュー

ドリップコーヒー 110ペソ
カフェトニック 170ペソ
スペシャリティコーヒー 130ペソ
マンゴーミルクシェイク 130ペソ
ツナサンドウィッチ 100ペソ
ネギ塩ポーク 200ペソ
ガパオライス 180ペソ

 

View this post on Instagram

 

Life Is Coffee ! #motokeys #cebu #cebucity #philippines #cafe #cafeanddiner #restaurant #cebucoffee #instacoffee #coffee #coffeelover #cebulife #cebulifestyle #coffeebeans

MOTOKEYSさん(@motokeys.cebu)がシェアした投稿 –

すごくおしゃれですね!

スポンサーリンク

セブのアトリエ「いいオフィスCEBU」の場所

カフェの隣にあるアトリエ「いいオフィスCEBU」はコワーキングスペース、シェアオフィスとして誰でも利用する事が可能なんだそうです。
Wi-Fiもあるほか、コーヒーは無料。快適に滞在する事ができる場所だそうですよ。
次第にセブ島でWEBに携わる人たちのコミュニティとしての意味も持ち始めたようです。

営業時間:平日9時~19時
料金/1日:500ペソ
料金/月額:7000ペソ

2nd floor, ARINDA V. PARAS BLDG., Don Gil Garcia St, Cebu City, Cebu

スポンサーリンク

セブでカフェを経営する上田幹とは?カフェの場所はどこ?まとめ

セブ島に移住しカフェ「MOTOKEYS(モトキーズ)」を経営する上田幹さんについて
調べてみました。
セブ島は留学や移住しやすい場所のひとつだと思います。
海外で働いてみたい人はセブ島に行ってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント