気になる話題

青木農園の三浦野菜を購入できる場所は?ごはんジャパン4月20日

4月20日放送の『ごはんジャパン』では神奈川県三浦半島で栽培されている「三浦野菜」が取り上げられます。

イタリアンのシェフ片岡護さんは三浦野菜を使ってどんな料理を作るのか楽しみですね。

番組に登場した三浦野菜は女性園主がいる「青木農園」で作られたものでした。

気になったので、青木農園の場所や青木農園の三浦野菜が購入できる場所を調べてみました。

三浦野菜とは

三浦野菜とは、神奈川県の三浦半島で作られている野菜のことを言います。

三浦半島の場所はこちら。

三浦半島は三方を海で囲まれたエリアで、西岸が相模湾、東岸が東京湾、南岸は太平洋に面しています。

1年を通して温暖な気候で雪が降る事はっめったにありません。

土壌も豊かなので1年中おいしい野菜を作ることができるのです。

三浦野菜で有名なものと言えば、「三浦大根」や「三浦キャベツ」ですが、ほかにもたくさん三浦ならではの野菜が作られています。

青木農園とは

ごはんジャパンに登場した青木農園は女性が園主を務める野菜農園です。

おもに飲食店やスーパーなどと契約し直接野菜の取引を行っています。

青木農園の生産品をご紹介します。

野菜の受注生産

青木農園では、リクエストに応えて野菜の受注生産を行っています。

お客様から外国の野菜、カラフルな野菜、などオーダーに対応しています。

 

View this post on Instagram

 

神奈川県三浦市の青木農園から新鮮な三浦野菜が届きました! 有機栽培やこだわりの栽培方法で育てられたお野菜はとっても元気で美味しいです。 先日スタッフも畑の見学に行かせていただきました! 店頭のマルシェで販売しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいね。 #chikyufarmtotable #chikyu #🌎 #organic #kugenuma #kugenumakaigan #shonan #enoshima #kamakura #bistro #cafe #vegetarian #naturalwine #marche #湘南 #鵠沼海岸 #湘南散歩 #オーガニック #有機野菜 #無農薬野菜 #自然栽培 #自家焙煎珈琲 #オーガニックマルシェ #青木農園 #三浦野菜

CHIKYUさん(@chikyu_farmtotable)がシェアした投稿 –

平飼い鶏の有精卵

季節の野菜やひじきを食べて育つ平飼い鶏の卵も生産しています。

弾力があり濃厚な卵と評判です。

天然はちみつ

野菜作りの受粉のためにミツバチの働きが重要である他、はちみつも採取することができます。

天然はちみつはレストランのシェフたちにも好評だそうです。

青木農園の直売所

基本的に青木農園の野菜は契約した飲食店やスーパーなどに卸されていますが、直売所であれば一般の人でも購入することができます。

<青木農園 直販広場>

開催日:土曜日 10時~15時

場所:青木農園

※農作物の生産状況や天候で実施されない場合あり

青木農園の場所

住所:神奈川県三浦市三崎町諸磯諸磯249

ごはんジャパン/片岡護シェフと遼河はるひが三浦半島へ

今回の「ごはんジャパン」では、イタリア料理「アルポルトのオーナーシェフ)である片岡護さんと
女優の遼河はるひさんが神奈川県の三浦半島へ向かいます。

今が旬の春野菜を使って、片岡シェフが野菜のうま味を存分に引き出した春野菜スープから春野菜パスタ、そしてロールキャベツを作る!!三浦の温暖な気候と、潮風で運ばれたミネラルを豊富に含む土壌で育つ野菜に、片岡シェフも「これは料理したくない」と素材そのものの味を絶賛。

実際にレストランなど80軒以上ものお店から信頼を受け、契約栽培を行っているという。

そこには、種から野菜を作り、集荷にも工夫をこらすという女性園主ならではのきめ細やかなこだわりと工夫があった。

そんな三浦野菜のうま味を見事に引き出す片岡シェフの技は必見!!

ごはんジャパン/青木農園の三浦野菜を購入できる場所は?まとめ

ごはんジャパンで取り上げられた青木農園について調べてみました。

三浦野菜と言えば三浦大根を思い浮かべますが、ほかにもいろいろあるんですね。

女性園主がこまやかな気配りで作っている三浦野菜をぜひ食べてみたくなりました。