所JAPAN/松浦漬けの通販取り寄せ方法や口コミを調査!佐賀県呼子町5月27日

5月27日放送の『新説!所JAPAN』のテーマは発酵食品。

全国の風変わりな発酵食品として佐賀県呼子町の松浦漬けが登場します。

松浦漬けに使われている食材とは何なのでしょうか?

通販方法や口コミについても調べてみました。

スポンサーリンク

所JAPANに登場!佐賀県呼子の松浦漬けとは

所JAPANに登場した佐賀県呼子の松浦漬けは、ある驚きの食材が使われてます。

その食材とはいったい何かというと、クジラの上あごなんです!

佐賀の郷土料理である松浦漬けは、クジラの上あご付近の軟骨であるかぶら骨を刻んで、水にさらして脂を抜いた後に酒粕に漬けた発酵食品です。

スポンサーリンク

松浦漬けの通販・お取り寄せ方法

松浦漬けは創業126年の松浦漬本舗から発売されています。

スポンサーリンク

松浦漬けの口コミ・評判

実際に松浦漬けを食べた方の評判はどうなのでしょうか。

ネットでの口コミを集めてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

うんまぁい~☺️ 父親から贈ってもらいました❗酒のおともですな✴️#松浦漬け

yuya1129さん(@yuya.r57)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eiji Toritaniさん(@eijitori)がシェアした投稿

スポンサーリンク

新説!所JAPAN(5月27日放送)の番組内容

所ジョージが日本にまつわる身近な謎に迫る知的バラエティー! 『日本人と発酵食品』 味噌、醤油、納豆、麹など、海外の人たちも驚くほど種類が多い日本の発酵食品。なぜ日本は発酵食品大国となったのかを解明すべく、番組では「発酵のまち」秋田県横手市へ。次々と登場する横手の発酵食品の秘密は、日本一の数を誇るというある場所に辿り着く。山間部に位置する横手ならではの背景から明らかになる日本人と麹との深い関係に所も唸る! さらに、全国各地の風変わりな発酵食品を紹介!石川県白山市で江戸時代から伝わる奇跡の発酵食品「ふぐの子」とは?さらに、所が食べた途端に「大好き!」と絶賛した、佐賀県呼子町に伝わる「松浦漬け」に使われる驚きの食材とは?『黒電話の現在を徹底リサーチ』 今もテレビアニメなどでは見かけるが、家庭ではすっかり使われなくなった“黒電話”。街中で、その使い方がわかるのは何歳からなのかを徹底調査すると、ダイヤルを回せない若者が続出!使える世代と使えない世代の境目の原因に迫る。さらに、パンサー・向井慧&菅良太郎が今なお黒電話を使っている飲食店や銭湯を取材。そこで明らかになる黒電話のすごい特徴とは?

スポンサーリンク

所JAPAN/松浦漬けの通販取り寄せ方法や口コミを調査!佐賀県呼子町まとめ

新説!所JAPANに登場した佐賀県の松浦漬けはなんとクジラの上あごのかぶら骨が使われていたんですね。

とても珍しい珍味です。

日本酒に合いそうなので、さっそくお取り寄せしてみたいと思います。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント