舞茸で血糖値改善!効能や激うまレシピの作り方は?教えてもらう前と後2月12日

2月12日の『教えてもらう前と後』でまいたけの驚きのパワーが紹介されるそうです。
きのこは舞茸に限らず栄養素がたっぷり入っていてたくさん取り入れたい食材ですが、舞茸には血糖値を改善する効果があるんですね!効能やおいしい食べ方、保存方法など詳しく調べてみました。
番組で紹介される激うまレシピも放送後に追記します。

スポンサーリンク

舞茸(マイタケ)の栄養素と効果

舞茸にはうまみもたっぷりありおいしいので、食材として重宝しますが、その栄養素の多さにも驚かされます。

特に多く含まれているのが、β-グルカンと呼ばれる食物繊維です。
β-グルカンは腸を刺激して便通をよくしてくれる働きを持つため、便秘の方や腸内環境を整えるのにオススメです。さらにβ-グルカンにはナチュラルキラー細胞などの免疫機能を活性化する効果もあり、その抗がん作用にも注目が集まっています。

他にはビタミンDやナイアシン、カリウム、亜鉛などです。
ビタミンDはカルシムと一緒にとると歯や骨を丈夫にすることを助け、ナイアシンには皮膚を美しく保つ効果があります。
またキノコに含まれるキノコキトサンという成分は脂肪の吸収をおさえたり中性脂肪を減らしたりする効果があると言われているので、美容効果を考えても舞茸は外せませんね。

こんなに栄養素がたっぷりなのにカロリーが低く、100グラム当たり約16キロカロリーというのがとても嬉しいです。健康や美容、ダイエットにもってこいの食材だという事がよくわかりました。

スポンサーリンク

舞茸が血糖値の上昇を抑える

さらに、舞茸には血糖値の上昇を抑える効果まであるというんだから、こんな万能な食材はありませんね。
舞茸に含まれるβグルカンやキノコキトサンなどの食物繊維、トレハロースなどが複合的に作用し、食後の血糖値が急上昇するのを防ぎ、ゆるやかに上昇する手助けをするんだそうです。

スポンサーリンク

番組で紹介の激うまレシピとは?

番組では舞茸を使った激うまレシピが紹介されるようです。
こちらは番組で放送され次第追記します。

スポンサーリンク

舞茸のおいしい食べ方

生食以外ならどんな食べ方でもおいしくいただける舞茸ですが、特においしい食べ方としては、
天ぷらやみそ汁がオススメです。
舞茸は歯ごたえがあるので、からっと天ぷらにして食感を楽しむのもおいしいですし、みそ汁に入れればうまみがあふれてそれだけでおいしい一品になりますよね。
舞茸のうまみ成分である「グアニル酸」は60度から70度で増える事がわかっているので、みそ汁に入れる時は水の状態から入れるとうまみを最大限に引き出すことができます。

スポンサーリンク

舞茸の保存方法

舞茸は割と日持ちするキノコなので、そんなに早く食べなくてはと心配する必要はありません。
一番おいしく食べるには3,4日で食べたほうがよいかもしれませんが、冷蔵庫に入れれば1週間から10日は保存できます。なるべく空気に触れないようにするのがポイントです。

冷凍する場合は洗わずに袋に入れて冷凍庫に入れます。冷凍すれば約1か月は持たせる事ができますよ。

これからも日々の食事に舞茸を取り入れていきたいと思います!

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント