ラリーナサール(チームドクター)女子体操選手セクハラの内容の詳細と結婚・子供・判決は?ワールド犯罪ミステリー4 12月21日

12月21日放送の「ワールド犯罪ミステリー4」ではラリー・ナサールが起こした全米を震撼させた女子体操セクハラスキャンダルが取り上げられます。
150名以上もの選手を震え上がられたセクハラの実態とはどんなものだったのでしょうか?
内容の詳細や、ラリー・ナサールに下された判決について調べてみました。

スポンサーリンク

ラリー・ナサールとは?

ラリーナサールは医師で米体操ナショナルチームのチームドクターでした。
出身はメイソン、ミシガン州。1963年生まれでで現在55歳。
ミシガン州立大学で医学学位を取得。在学中からサッカーと陸上競技のチームで働く。
卒業した1986年、アメリカ体操ナショナルチームのスタッフとして働き始める。
1996年には結婚し1男2女を授かる。
その1996年から2014年まではアメリカ体操連盟代表チームの医療コーディネーターとして勤務していた。2015年、アメリカ体操連盟は「選手たちの不安を(連盟が)聞き知ったため」という理由で彼を解雇している。

性的虐待事件の真相

ラリー・ナサールによる性的虐待が大きく報道されるようになったのは、
2016年にアメリカの地方紙が、2人の元体操選手がラリー・ナサールによって性的暴行を受けたと
申し立てていると報じてから。これ以降150名以上の人々が申し立てをしていますが、これは氷山の一角であると言えます。

ラリー・ナサールは治療だと言いながら女子選手らを密室に呼び、身体を触るといったわいせつ行為を行っていました。約20年にわたって繰り返していたという事です。
少女は不快でこれはおかしな事だと感じながらも、治療と言われれば反抗できず、誰にも言えず我慢してしまうケースが多く長く発覚には至りませんでした。
残念なことに、状況を悲観し麻薬に出を出し、最後には自ら命をたってしまった少女もいたようです。

被害にあった選手たち

一番初めに被害を告発したのはレイチェル・デンホランダーさん。
その他アレクサンドラ・レイズマンさん、マッケイラ・マロニーさん、ガブリエル・ダグラスさんなど156名以上にのぼる女性選手たち。
いずれも15歳以下の少女で、13歳以下の被害者も3名含まれていたという事です。

ラリー・ナサールの家族(妻・子供)

ラリーナサールには結婚した妻と子供3人をもうけています。

ラリー・ナサールに下された判決は?

裁判の結果、ラリーナサールには禁固175年の刑が言い渡されました。

自分の立場を利用したかなり悪質な事件だといえます。
刑罰が下っても少女たちの傷がなくなるわけではありませんが、今後このような劣悪極まりない事件が起こらないことを願います。

 

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント