坂上どうぶつ王国/歌舞伎ネコの現在と保護猫カフェうたたねの場所や料金は?8月16日

8月16日放送の『坂上どうぶつ王国』では全国で有名な猫や犬が登場するようです。

その中の1匹が、宮崎県の歌舞伎ねこ、その名も「カブキ」。

その顔はまるで歌舞伎の隈取りのよう!

海外の人からも人気のようですね!

この「カブキ」が見つかったのが宮崎県にある「うたたね」という保護猫カフェ。

この記事では、引き取られて暮らしているカブキの現在と、カブキが暮らしていた猫カフェうたたねについて、場所や営業時間、料金などをまとめています。

スポンサーリンク

坂上どうぶつ王国に歌舞伎役者のような猫が登場!

坂上どうぶつ王国で取り上げられるのが歌舞伎役者のような隈取りをした1匹の猫。

名前は「カブキ」です。

もともと捨て猫だったというカブキ。

宮崎県にある保護猫カフェ「うたたね」の裏に他の5匹の猫と一緒に捨てられていたそうです。

それを見つけたうたたねのスタッフが保護猫カフェでお世話をするようになり、その特徴的な顔に一目ぼれしたという現在の飼い主さんにもらわれていきました。

スポンサーリンク

カブキの現在は?

カブキは保護猫カフェうたたねで買われていましたが、現在は宮崎市内に住む一家、海江田さんの家族とともに暮らしています。

初めて保護猫カフェうたたねで会った時は娘さんがはじめに気に入ったんだとか。

家に連れて帰っても最初は警戒心が強く抱っこもさせてもらえなかったものの、カブキ専用の「カブキ部屋」を作り好きにさせていたところ、だんだんと慣れていき受け入れてもらえるようになったそうです。

現在はもう1匹、うたたねから譲り受けた文太という猫も加わりました。

そして海江田さん宅に新しい赤ちゃんも。

カブキを中心とした日々の写真はインスタで見ることができますよ!

スポンサーリンク

カブキがいた保護猫カフェ「うたたね」とは?

カブキが暮らしてた保護猫カフェ「うたたね」は宮崎県の宮崎市にある猫カフェ。

2008年10月にオープンし保護した猫と新しい飼い主の縁をつないでいます。

10年以上たった今、300匹以上の猫がもらわれていきました。

現在は常時15匹ほどの猫が暮らしているようですよ!

スポンサーリンク

保護猫カフェうたたねの料金

保護猫カフェうたたねの料金についてご案内します。

土・日・祝日

30分 600円
45分 800円
60分 1000円

※ワンドリンク付

平日

30分 600円
45分 800円
60分 1000円
90分 1200円
120分 1500円

※ワンドリンク付

未就学園児をお連れの場合は11時~12時の間の30分であれば可能。
料金は30分500円。
0歳児は無料です。

スポンサーリンク

保護猫カフェうたたねの場所と営業時間

住所:〒880-0841 宮崎県宮崎市北川内町野間口4634−2
電話番号:0985-53-2922

営業時間:11時~19時(7月~9月)/11時~18時(10月~6月)

スポンサーリンク

坂上どうぶつ王国(8/16・カブキと保護猫カフェうたたね)の番組内容

専門家もビックリ!沖縄の天才お魚少年にキンプリ高橋が密着!仰天知識を次々披露!魚博士はこうして生まれた!▽絶対見たい!海外客が殺到する珍ネコを追え!
沖縄県に住む6歳の少年が、専門家でさえ気付かなかった魚図鑑の間違いを発見したと大ニュースに。少年はなぜ図鑑の間違いに気付くことができたのか?お魚博士とは一体どんな少年なのか?その真相を確かめるため沖縄県に飛んだ、キンプリ高橋。大人顔負け、6歳の少年とは思えない豊富な魚の知識を目の当たりにして驚く高橋。少年はどのようにして、そのような知識を身につけたのか?高橋が取材する。スタジオゲストは芦田愛菜。

スポンサーリンク

坂上どうぶつ王国/歌舞伎ネコの現在と保護猫カフェうたたねの場所や料金は?まとめ

坂上どうぶつ王国で取り上げられた歌舞伎役者のような猫「カブキ」は宮崎市内のお宅で家族と一緒に暮らしています。

カブキがいた猫カフェうたたねも同じく宮崎県にあり、常時15匹ほどの保護猫を触れ合うことができます。

譲渡希望者は審査の上で、猫を譲り受けることもできますよ。

気になる方はぜひ訪れてみてくださいね!

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント