アオハル/伊代野正成のパラホーキングが体験できる場所はどこ?経歴も調査!日本人初!5月12日

5月12日放送の『アオハルTV』に鳥と空を飛んだ男、伊代野正成(いよのまさなり)さんが出演します。

伊代野正成が成し遂げたパラホーキングとはどんなものなのでしょうか。

パラホーキングが体験できる場所や伊代野正成さんの経歴について調べてみました。

スポンサーリンク

アオハルTVに鳥と空飛ぶ男が登場!

アオハルTVに登場したのが日本人初、鳥と一緒に空を飛ぶことに成功した伊代野正成さんです。

伊代野正成さんはタカを一緒に空を飛びました。

今まであったようでなかった、とても難しいことなんです。

鳥と一緒に大空を飛びたいという子供の頃の夢が叶えられるなんてすごいことですね。

パラホーキングとは

パラホーキングはネパールのヒマラヤ山脈にほど近いポカラが発祥のスカイスポーツ。

パラグライダーに乗って空を飛び手を差し出すと、訓練された猛禽類がやってきて一緒に空を飛べるというもの。

鷹匠でもありパラグライダー飛行士でもあるスコット・メイソンさんによって発案されました。

もともとはヒマラヤ猛禽類保護プロジェクトの一環として、負傷した猛禽類の保護がきっかけでした。

保護した猛禽類はリハビリの後野生に返されますが、一度人間になれてしまった猛禽類は野生に戻れなくなってしまう事があります。

そんな鳥をトレーニングし、パラホーキングのパートナーとして活躍してもらっています。

鷹にとっても人間にとってもベストな方法かもしれませんね。

伊代野正成(いやのまさなり)さんのプロフィール・経歴

日本人で初めてパラホーキングに成功したのが、伊代野正成さん。

伊代野正成さんは静岡県の伊東市出身。

1970年3月10日生まれの49歳の男性です。

伊代野正成さんは子供の頃から鳥が大好きで「いつか一緒に空を飛びたい」という夢を持っていました。

そして空を飛ぶことも好きで現在はパラグライダースクールのインストラクターをしています。

そんな伊代野さんだからこそパラホーキングを実現することができたんですね。

伊代野正成さんとカノンがパラホーキングに初成功したのは?

伊代野正成さんがパラホーキングに成功したのは2018年1月でした。

7、8分の飛行でしたが、ずっと夢見ていた鳥と共に空を飛ぶことができ、達成感と高揚感に包まれた
素晴らしいフライトだったようですね。

一緒に空を飛んだパートナーはハリスホーク(日本名・モモアカノスリ)というタカのオスで、
名前はカノンといいます。

伊代野さんとカノンはひなの頃から一緒に過ごし、愛情深く育てながらトレーニングを続けてきました。

パラホーキングをするにはパラグライダーの技術のほかに、鳥との信頼関係も必要なんだそう。

きっと強い絆で結ばれているのでしょうね。

こちらが伊代野正成さんとカノンのパラホーキングの動画です。

パラホーキングが体験できる場所は?

パラホーキングが体験できる場所は発祥地であるネパールのポカラになります。

1回の飛行は約20~30分で、料金は18000円程度だそう。

行ってみたい人もいるかと思いますが、ネパールまで行くのは難しい、と言う方に朗報です。

日本でもパラホーキングができるようになりそうです。

日本でのパラホーキングを進めているのが伊代野正成さん。

1人でパラホーキングをできるようになるにはパラグライダーの技術必要ですし、まずタカとの信頼関係が必要となり実現するのは相当難しいですが、タンデムフライトといって、2人のパラホーキングなら可能になりそうです。

実際に伊代野さんが務める伊豆フライトハウスでは、地元の方にパラホーキングのタンデムフライトを体験してもらったりもしているようです。

「鳥と空を飛びたい」というたくさんの人の夢を叶えられる日もそう遠くはなさそうですね。

伊豆フライトハウスの場所

伊代野正成さんがインストラクターをつとめる伊豆フライトハウスはこちら。

住所:〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3150−3
電話番号:0557-95-0220

アオハルTV(5月12日放送)の番組内容

日本で初成功!鳥と共に空を飛ぶ男!セクゾ菊池風磨もチャレンジ▽ある魚を愛しすぎて専門店まで出した元パリピギャル▽たった1人で島の伝統を守る男子高校生

アオハル/伊代野正成のパラホーキングが体験できる場所はどこ?経歴も調査!日本人初!まとめ

アオハルTVに出演した伊代野正成さんとパートナーであるカノンについて調べてみました。

伊代野さんはパラホーキングを成功させただけではなく、たくさんの人にすばらしさを味わってもらいたいとタンデムフライトの準備を進めているようです。

体験できるようになったら行ってみたいと思いました。

一生の思い出になりそうですね。



スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント