ごはんジャパン/本ミル貝の通販お取り寄せ方法は?愛知県日間賀島三河湾5月11日

5月11日に放送される『ごはんジャパン』の舞台は愛知県知多半島の日間賀島(ひまかじま)。

日間賀島は貝の島と呼ばれる貝の名産地なんだそうです。

本ミル貝やその他、日間賀島の海産物の通販・お取り寄せ方法を調べてみました。

スポンサーリンク

ごはんジャパン/日間賀島(ひまかじま)は貝の島

ごはんジャパンに登場する愛知県の日間賀島は春から初夏にかけて、「貝の島」と呼ばれるほど貝がたくさん収穫できます。

その中でも本ミル貝は江戸前寿司には欠かせない旬の一品。

今回のごはんジャパンでは、江戸前鮨の匠である青木利勝さんが現地に向かい、貝の島のおいしい魚介でお寿司を握っていただきます。

スポンサーリンク

日間賀島の場所は?

日間賀島は愛知県の知多半島の先端から約2kmの場所に位置しています。

名古屋から一番近い島で、約1時間ほどで到着します。

一周5.5kmの小さな島ですが、豊富な魚介類に恵まれた風光明媚な場所。

一番の名物はタコとフグですが、春にはミル貝、たいら貝、大あさりがたくさん獲れるため
貝の島と呼ばれています。

春以外だと夏にはハモやうに、さざえ、アナゴ、クルマエビが収穫できます。

秋は真鯛やわたりがに、イセエビが旬で冬はトラフグの季節ですね。

このように日間賀島では一年中おいしい魚介類を楽しむことができるんです。

スポンサーリンク

本ミル貝とは

「本ミル貝」とは、ミルクイとも呼ばれている貝の一種で、アワビに匹敵するほどの高級貝とされています。

一般的にミル貝と言われているものは「白みる貝」の可能性が高く、この「白みる貝」は「本ミル貝」とは別物

「白みる貝」もおいしいはおいしいのですが、本ミル貝は希少性が高く、貝の良さをすべて出し尽くしたような味だそう。

旨味や甘みが絶品です!

スポンサーリンク

本ミル貝の素潜り漁

日間賀島では本ミル貝を潜り漁で獲っています。

素潜りで海の中に潜り、砂の中にいるミル貝を見つけ出す難しい漁法。

ミル貝を見つけるには、砂の外に出ている水管に付着している「ミル」という海藻を見つける必要があるそうです。

この「ミル」という海藻をたべるので、「ミルクイ=本ミル貝」と呼ばれている訳ですね。

スポンサーリンク

本ミル貝の通販お取り寄せ方法は?

本ミル貝の通販でのお取り寄せ方法を調べてみました。

本ミル貝は大変希少なものなので、市場に出回る事が少なく、ごはんジャパンで取り上げられた日間賀島産の本ミル貝は見つける事ができませんでした。

日間賀島指定ではありませんが、なかなか手に入らないものなので気になる方はぜひお取り寄せしてみてください。

お刺身にしたり塩焼きにして食べると、本ミル貝の旨味と甘みを丸ごと楽しめます。

日本酒のおつまみに最高ですね!

スポンサーリンク

日間賀島の海産物の通販お取り寄せ

日間賀島の魚介、海産物の通販方法も調べてみました。

あさりも春が旬の貝ですね!

サザエとのセットも両方食べられてお得です。

スポンサーリンク

ごはんジャパン(5月11日放送)の番組内容

今回、注目する食材は、愛知・日間賀島産の貝。知多半島の先、三河湾と伊勢湾の間に浮かぶ日間賀島は、春から初夏にかけて“貝の島”と呼ばれるほどの名産地。中でも本ミル貝は、江戸前寿司に欠かせない旬の一品。そのおいしさの秘密を求めて、江戸前寿司の匠・青木利勝さんと芳本美代子が現地へ。江戸前寿司の匠・青木利勝さんが大胆かつ繊細な技を駆使して、貝の島を握りつくす!!今回は素潜りで獲る貝漁に密着。砂の中に潜っているミル貝を見つけるには、唯一砂の外に出ている水管に付着している“ミル”という海藻を見つけることだという。しかし、海底は他の海藻も生えているため簡単に見分けはつかず、まるで藁の山から針を探す様なもの。そんな本ミル貝をはじめ、タコや真鯛など日間賀島の旬の魚介で江戸前寿司の匠・青木利勝さんがうま味を最大限に引き出した鮨をふるまう!!

スポンサーリンク

ごはんジャパン/本ミル貝の通販お取り寄せ方法は?愛知県日間賀島三河湾まとめ

ごはんジャパンで紹介された愛知県日間賀島の本ミル貝について調べてみました。

本ミル貝は素潜りでとられ、白みる貝とは別物の高級な貝なのですね。

高級なお寿司屋さんにでも行かない限りなかなか食べる事ができない貝。

今が旬なので、ぜひ食べてみたいですね!

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント