気になる話題

所さんお届けモノ/ヒラスズキの値段や旬は?おいしい食べ方も調査!7月7日

7月7日放送の『所さんお届けモノです』では幻の高級食材「ヒラスズキ」が取り上げられます。

寿司職人や料理人がこぞって欲しがるというめったに手に入らない「ヒラスズキ」とはどんな魚なのでしょうか。

ヒラスズキの値段や旬の時期、おいしい食べ方など調査してみました。

ヒラスズキとは

ヒラスズキはパっと見た感じだとスズキと似ていますが、味や値段はスズキとは全く違います。

スズキに比べ体は平たく、磯に住んでいるので泥臭さもありません。

味は鯛やイサキに似ていると言われており、旨味と甘みが存分に感じられるそうです。

これはぜひとも食べてみたいですね。

ヒラスズキの旬は?

ヒラスズキの旬は冬の12月から2月。

ヒラスズキはだいたい冬から春にかけて産卵を行います。

12月から2月は産卵のためにたくさんのエサを食べ脂を蓄える時期。

脂がのった一番おいしい状態です。

ヒラスズキが獲れる場所

ヒラスズキは日本の南側で多く獲る事ができます。

太平洋側だと高知県の土佐清水や室戸岬では、スズキよりもヒラスズキのほうが多く水揚げされるほど。

日本海側でも西側のほうで多く獲られ、鳥取や萩などで水揚げされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮崎は大雨で大変でしたが、なんとか普段の生活に戻ることができました!! ということで、午前中で用事を済ませ、午後から気分転換に磯ヒラへ行ってきました🎵 ポイントにつくと、やはり大雨の影響で濁りが発生💦 投げてみても、全く魚の反応なし…😒 ただ、ポイント付近は潮ものぼっていたので、もう少し待てば状況も変わってくるかな?と磯の上で携帯 イジイジ、時合いまで待つこと1時間。 海の雰囲気も良い感じになったところで、キャストを開始すると、いきなりドンッ💥 はじめはエバかな?と思うほどのパワー👊👊 かなーりてこずってなんとかランディングすると、70upのヒラスズキでした😆 さっきまでシカトしてたくせに…😒 その後も、爆発とはいかないものの、単発バイトを拾ってトータル10本キャッチ☺️ 久々の磯ヒラを満喫することができました🎵 そういえば最近、磯で声をかけていただく機会が増えました😲☺ 黙々と釣りしてますが、皆さんに失礼のないように、磯ライフ楽しんで行きたいと思います🙇 #磯ヒラ #ヒラスズキ #宮崎 #レクシータ107 #ツインパワーxd4000xg #エリア10 #mazume #rbb

Hiraoさん(@hirahira3636)がシェアした投稿 –

ヒラスズキの値段(販売価格)は?

ヒラスズキの値段は1kgでだいたい2000円から2500円ほどだとされています。

スズキの2倍くらいですね。

50cm~60cmの大きさで3000円から5000円ほど。

80cmほどの大きさになると1万円で取引されることが多いようです。

そもそも生息数が少なく貴重な上にとてもおいしいので、これだけの価格がついてしまうんですね。

ヒラスズキのおいしい食べ方

ヒラスズキをおいしく食べるには、やはり新鮮なうちならお刺身にしてそのまま食べるのが最高です。

あとは焼いたりムニエルにしたりといった食べ方がオススメです。

所さんお届けモノです(7月7日放送)の番組内容

今回の幻の高級食材は“ヒラスズキ” ★鮨職人やフレンチシェフが『手に入るのなら値段は気にしない!?』という絶品の白身魚 ★とある料理人は『いつまでも噛んでいたい。飲み込むのがもったいない!』と、その美味しさを語る ★しかしながら、海が荒れた時にしか獲れない!?という難しさ ★釣り芸人ハットリは、この幻の魚を釣り上げ、スタジオで待つ司会・所さんに食べさせることが出来るのか?ハラハラドキドキの30分!

所さんお届けモノ/ヒラスズキの値段や旬は?おいしい食べ方も調査!まとめ

所さんお届けモノですで取り上げられたヒラスズキ。

個体数が少なくあまり水揚げされないので高級魚とされています。

値段も成魚で大きいクラス、80cmくらいになると1万円ととても高いですがどこかで手に入ったらお刺身で頂きたいですね!