麻薬王エルチャポ 脱獄の方法は?トンネルを掘った!?現在は?世界まる見え!テレビ特捜部2月4日

2月4日放送の『世界まる見え!テレビ特捜部』は驚き大脱出SP!
メキシコの麻薬王「エルチャポ」の刑務所からの脱獄について紹介されます。
エルチャポは一体どうやって脱獄したのでしょうか?
そして凶悪な麻薬王の現在が気になりますね。今どうなっているのかも調べてみました。

スポンサーリンク

メキシコの麻薬王エル・チャポことホアキン・グスマンとは?

メキシコ最大の麻薬王であるエル・チャポの経歴を調べてみました。

名前:ホアキン・グスマ
別名:エル・チャポ(El Chapo)
生年月日:1957年4月4日
出身地:メキシコ シナロア州バディラグアト
身長:164cm

スポンサーリンク

「エル・チャポ」の由来は?

チャポとは「チビ」という意味で子供の頃からのあだ名でした。
164cmと小柄なのでそう呼ばれています。

スポンサーリンク

エル・チャポ(ホアキン・グスマン)の経歴

エル・チャポは1957年にメキシコのシナロア州で生まれました。
貧しい農家で学校から100キロも離れている田舎で、父親もギャンブルにはまっており
まともに教育を受けられませんでした。
他に仕事もない事から、農民がよく栽培しているマリファナなどをいとこと共に売り歩き
家計を支えました。
20歳頃になると、伯父が密売業者を務める麻薬組織に加入する事になります。
そこでどんどん信頼を得ていき、ボスの専属運転手にまでのぼりつめ、新たな麻薬の輸送ルートを開拓するなど組織を巨大化するのにも一役買いました。
やがては事実上のボスへとなりあがっていきます。

スポンサーリンク

麻薬王エル・チャポが刑務所から脱獄

1993年、エル・チャポはグアテマラにいる所を逮捕され、
殺人及び麻薬密輸の罪で20年の刑を受けました。
ところが8年後の2001年、脱獄を果たします。
その後も2014年に再逮捕されていますが、2015年にまた脱獄します。
その方法とは何だったのでしょうか。

1度目の脱獄方法

1度目の脱獄は、なんと78名もの看守に賄賂を配り、洗濯物のカートの中にまぎれこんで脱獄しています。
看守の制服を着て堂々と正面から出ていったという説もあります。
なんとも大胆ですね。
看守数名は逮捕され刑を受けているようですが、刑務所の人間としてあるまじき行為です。

2度目の脱獄方法

2度目に収監された刑務所は厳戒レベルの警備で知られているエル・アルティプラーノ刑務所よ
だったにもかかわらず、脱獄に成功します。
その方法は地下トンネルでした。
独房のシャワーのスペースに穴を掘り、そこからトンネルを掘って逃げ出したのです。
トンネルの長さは約90mで電気も通り照明がついていたんだそう!
もちろん協力者がいてこのような事ができたわけですが、スケールが大きすぎてびっくりしました。

スポンサーリンク

麻薬王エル・チャポの現在は?

麻薬王エル・チャポは現在どうしているのでしょうか?

2016年1月8日、銃撃戦の末に逮捕されました。
2017年1月19日にアメリカに移送され、2018年11月からニューヨークにて裁判が始まっています。
最終的にどんな結論が下されるのかまだまだ気になりますね。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント