バナナマンのせっかくグルメ!秋田稲庭うどんのレシピ 名店佐藤養助のお店紹介と通販も!12/2

12月2日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」では秋田県秋田市が特集。
秋田のおいしいものがたくさん出てきます。その中のひとつ、「稲庭うどん」のレシピや歴史、日村さんが実際に食べていたうどんのお店「佐藤養助」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

稲庭うどんの特徴

稲庭うどんは秋田県で作られる手延べ製法のうどんです。
日本三大うどんのひとつで、やや平べったい麺をしてつるんとした滑らかなのど越しが特徴とされています。

スポンサーリンク

稲庭うどんの歴史

「稲庭古今事蹟誌」によると、寛文年間以前に佐藤市兵衛によってはじめられたといわれています。
寛文5年(1665)に二代目の佐藤吉左エ門が引き継ぎ、稲庭干うどん宗家佐藤(稲庭)吉左エ門を創業したのが稲庭うどんの始まり。その製法は門外不出とされ代々子孫に伝えられてきました。

スポンサーリンク

茹で時間

一人前80~100gのうどんに対して1リットル以上のお湯を使います。
たっぷりのお湯で茹でるのがおいしくする秘訣。
お湯が沸騰したら麺を散らして入れ、時々かきまわしながら約3分間(乳白透明になるまで)茹でます。茹であがったらざるにあげて流水で洗ったらできあがりです。

スポンサーリンク

名店佐藤養助の店舗一覧(秋田・東京・福岡)

日村さんが稲庭うどんを食べていたお店が「佐藤養助」です。
150年以上も前から、材料の選定から出荷前の検品まで一切の手抜きをせず手作業で作っている由緒正しいお店。
現在秋田県内に9店舗、東京に5店舗、福岡に1店舗あります。

<秋田>
・佐藤養助総本店
秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80
0183-43-2911

湯沢駅から湯沢・小安線稲庭中町バス停下車徒歩1分

営業時間
見学 9:00 ~ 16:00
販売 9:00 ~ 17:00
食事 11:00 ~ 17:00

・佐藤養助 正心庵(秋田県湯沢市)
・佐藤養助 総本店 別館(秋田県湯沢市)
・漆蔵資料館(秋田県横手市)
・養心館(秋田県湯沢市)
・佐藤養助 湯沢店(秋田県湯沢市)
・佐藤養助 横手店(秋田県横手市)
・佐藤養助 秋田店(秋田県秋田市)
・佐藤養助 角館店(秋田県仙北市)

<東京>
・銀座 佐藤養助(中央区)
・銀座 佐藤養助 養心蔵(中央区)
・佐藤養助 日比谷店(港区)
・佐藤養助 赤坂店(千代田区)
・佐藤養助 浅草店(台東区)

<福岡>
・佐藤養助 福岡天神店(福岡市)

スポンサーリンク

実食

実際に佐藤養助総本店と銀座に食べに行ったことがあります。
味はどちらも同じだと思いますが、つるつると上品でコシがある麺が味わい深く、とってもおいしかったです。


総本店は製造過程の見学もできて面白かったです。

佐藤養助のうどんはお取り寄せもできるって知っていましたか?
通販方法をご紹介します。

 

お店に行くのが難しければぜひご家庭で秋田の銘品をお楽しみください!

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント