明日佳(箏奏者)の経歴や出身高校大学は?アメリカ人女性の憧れ!琴のレッスン情報も調査!ニッポン行きたい人応援団2月25日

2月25日放送の『世界!ニッポン行きたい人応援団』にニッポンの伝統楽器「箏」を愛するアメリカ人女性が登場します。そのアメリカ人女性が憧れているのが箏奏者の明日佳さんです。
そこで箏奏者明日佳さんの経歴やお琴のレッスン情報など調べてみました。

スポンサーリンク

明日佳(あすか)さんのプロフィール・経歴

名前:吉崎明日佳(よしざきあすか)
生年月日:1989年5月16日
出身地:東京都目黒区

明日佳さんは箏演奏家・作曲家である吉崎克彦さんと、箏・三絃演奏家である冨島順子のもとに生まれました。
そしてこの二人に師事し箏を学んでいきます。
第22回全国小中学生筝曲コンクール中学生・個人の部にて優秀賞を受賞しました。

高校生の時には第17回全国高校生邦楽コンクールにて第一位、岡山後楽園ロータリークラブ賞、リスナー賞を受賞します。

2010年2011年、大学3年と4年の時にもっとも優秀な箏奏者に授与される宮城賞を2年連続で受賞
連続というのは非常に難しくほぼ不可能と言われている快挙でした。

2013年からソロ活動を始め、作曲・編曲も行うようになります。

スポンサーリンク

明日佳さんの出身高校・大学は?

明日佳さんは2005年に東京藝術大学附属音楽高等学校に入学し、三絃・十七絃を始めます
出身大学は東京藝術大学の 音楽部邦楽科です。箏奏者であるご両親のもとに生まれた時から、和楽器のエリートとしての道を行くことが決まっていたかのようですね。

スポンサーリンク

箏と琴の違いは?

ところで、伝統弦楽器である「こと」には2つ漢字があります。
「箏」と「琴」です。この2つにはどんな違いがあるのか気になりませんか?

「琴」は6本の弦を持つ楽器で、日本古来から存在しています。
弥生時代の遺跡から出てきたこともあるんだとか。
弦を押さえるポジションを変える事によって音の高さが決まります。

「箏」中国が発祥の楽器です。奈良時代に中国の唐から13弦を持つ楽器「箏」が伝わってきました。
音の高さは「柱(じ)」というブリッジを動かして決めていきます。

実は全く別の楽器なのですが、「箏」は常用漢字ではなかったのでどちらも「琴(こと)」の字が
使われることがあるようです。

スポンサーリンク

明日佳さんの箏レッスン情報

明日佳さんは箏のレッスンも受け付けているようです。

・個人レッスン 月3回 1回60分
・体験:初回1回目は無料体験
​・楽器:半年間は楽器の貸出あり
​・場所は東京都目黒区

興味のある方はコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

明日佳(箏奏者)の経歴や出身高校大学は?まとめ

箏奏者である明日佳さんについて調べてみました。
東京藝術大学附属音楽高等学校、東京藝術大学と和楽器の道をすすみ、
個性的ないでたちで素晴らしい箏の演奏をされている方でしたね。
オリジナルを大切にしているという事で、外見やスタイルからもその事が伝わってきます。
これからも素敵な演奏を楽しみにしています。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント