赤鬼とうきょうの和三盆の玉子焼き(香川発)の場所とメニュー ヒルナンデスの裏道さんぽで紹介12月19日

ヒルナンデスで紹介された香川発の玉子焼きがおいしそうでしたね!「玉子焼き 赤鬼 とうきょう」の場所とメニューを調べてみました。

スポンサーリンク

赤鬼とうきょうは香川の玉子焼き

赤鬼とうきょうは卵料理をメインで提供している話題のお店です。
人気の「赤鬼玉子焼き」は、もともとは香川県高松市で出店していました。
それが地元で大人気になりメディアに取り上げられ、東京でも開業する運びとなりました。
2013年4月、東京新宿にオープン。シンプルでちょっと贅沢な玉子焼きがコンセプトです。

卵は香川県から直送されたもので、黄身の色が鮮やかでビタミンEも豊富なんだそう。
ひとつの玉子焼きには卵3個を使用。
だしは多めにし深い味わいを出しています。

赤鬼とうきょうのメニュー

・赤鬼和三盆玉子焼き 600円

「赤鬼和三盆玉子焼き」には高松から取り寄せている三谷製糖の「和三盆糖」が使われています。
玉子焼きに和三盆100%を使うとは珍しいですね。
上品な甘さがよく合いこちらも人気になっています。

・青鬼ねぎ巻き 500円
青鬼とつく玉子焼きには砂糖が入りません。細ネギ入り。

・だし親子丼 800円
一番出汁のスープ仕立て

赤鬼とうきょうの場所と営業時間

住所:東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザビル 102
電話番号:080-8813-0502
営業時間:月~金・12時~15時
席数:3席

西武新宿Pepe『ボンラスパイユ』でも玉子焼き購入可能

新宿百人町のお店は限定された営業時間なので行くことができないという方、
西武新宿PePeの『ボンラスパイユ(自然食品専門店)』でも玉子焼きが販売されています。お弁当も販売されているという事なのでランチにぴったりかもしれないですね。こちらは西武新宿駅に直結しているので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

こだわりの食材を使った、シンプルながら贅沢な玉子焼きがとてもおいしそうでした。
ぜひ食べてみたいなと思います。

スポンサーリンク
気になる話題
スポンサーリンク
mamaskeをフォローする
ママスケッチ

コメント